園内マップは世界地図!~東武ワールドスクウェア前編~

世界の観光地を一つに凝縮!一日で世界旅行ができるといっても過言ではない!?その名も東武ワールドスクウェア

みなさま外語祭はいかがだったでしょうか。

“キャンパスマップは世界地図”というテーマの外語祭でしたが、私はその間に地球をまるまる小さくしたテーマパークに行ってきました!(もちろん語劇もやりましたし1年生の料理店も少し手伝いましたよ・・・)

 

その名も“東武ワールドスクウェア”

・・・え?知ってる?

いやいやこの時期のワールドスクウェアはすごいんです!

 

タージマハルもロンドン橋もライトアップ!

いやー素晴らしい

 

ということでワールドスクウェアの魅力を次号と2回に分けて一気に紹介します!

まずゲートを入りいきなり出てくる国旗

ビルマ語科として見逃せなかったのですが、にしてもなぜミャンマーとドイツ???

ほかにもなんで?って組み合わせの国旗がいくつかあります

そして場内へ進むと現代日本エリア!

東京駅や国会議事堂なんかも再現されてます。

中央に大きくそびえるのは1/25スケールのスカイツリーです!

ソラマチもしっかり作ってあります。

東京ドーム、東京タワーと共に後方には世界貿易センタービル、エンパイアステートビルディング、エッフェル塔を見ることができます。

紅葉もきれいでこれが醍醐味ですね(紅葉を待つならまた来年になりますが・・・)

この双子は世界貿易センタービルです。

失われた建造物を見ることができるのも一つの魅力ですね。

マールボロ

他にはラッキーストライクなんかも描かれていました。

こちらは少し昔のニューヨーク市街を再現したものです。

アメリカを通り過ぎてエジプトゾーンを超えるとヨーロッパの建築物が広がります。

まず目に入ってくるのはパルテノン神殿!

ミニチュアとはいえ厳かです・・・

ちなみにこのパルテノン神殿の等身大レプリカがアメリカのテネシー州にあるそうです!

あれ、こちらは工事中ですね。

実際も工事中のサグラダファミリアです。

ガウディが設計したこちらは2026年に完成するみたいですね!

 

この次はアジアゾーンです。

こちらはなんと園内唯一のミャンマーの建築物です!

シュエ・・・あれ?

ミャンマー唯一の建築物はアーナンダ寺院でした。

ちゃんとオレンジの袈裟を着たポンジー(僧侶)がいますね。

こういう細かいところのこだわりも感じ取れます。

 

もちろん本物のアーナンダ寺院を訪れたこともあります。

中には4体の違ったポーズをした大きな仏像があるんですよー!

(シュエなんちゃらパゴダも再現してくれたらうれしいですね。。。)

アジアを抜けると再び日本へ帰ってきます。

古き良き日本がテーマなのでしょうか、寺や教会、日本家屋なんかも展示されてます。

この写真は札幌の時計台ですが、横にははとバスも止まって観光客がたくさんいますね。

ちなみに時計台の本物を見た感想はあまりに急に現れるもんでちょっとがっかりでした・・・笑

そして厳島神社も再現されてます!

水をしっかり張っているというのも再現度を高くしている一つのポイントですね。

色のついた水を使っているのかきれいに逆さ鳥居が映るようになっています!

残念ながら厳島神社は行ったことないですねえ・・・

最後にクイズです!

ワールドスクウェアで一番最近作られたこちらの建物はなんでしょうか!

スカイツリーには惜しくも及びませんが509mほどの高さで地上には101階ものフロアがあります(これ大ヒント)

 

一発でわかった人はさすがです!

わからなかった人は悔しい思いをしながらGoogleで調べるなりSiriに聞くなりしてみてください・・・

答えは次号発表します~

 

次号は光り輝く夜のワールドスクウェアを紹介します!

 

【アクセス情報】

栃木県日光市鬼怒川温泉大原209−1

車だと東京から2時間ちょっと

電車では東武線鬼怒川温泉駅からバス5分

もしくは小佐越駅からは徒歩10分で着いちゃいます!!

<くわしくは公式HP>

http://www.tobuws.co.jp/access/car/

 

(文・郷原 拓海)