けむりの日本一周旅行記 第8回

ずっと訪れたかった広島へ。平和を思い、鹿と遊ぶ

皆さんご無沙汰してます、久しぶりの定期連載です。

今年の2月に、たった2週間で決行した日本一周の旅をレポートする本コーナーも第8回目。前回ついに西端で折り返し、いよいよ終盤。広島にやってきました。

 

私は生まれも育ちも日本ですが、広島を訪れるのはこれが初めて。原爆ドームと厳島を訪ねるのが長年の小さな夢でした。山口県から夜行バスで広島駅まで移動し、さっそく原爆ドームと平和記念公園周辺を見学します。

様々な国から来た人の様々な反応や平和記念公園で憩う人々など、辺りを見回して静かに思いにふけり、沢山のことを考えました。

真剣な表情で何枚も原爆ドームの写真を撮り続けていたチェコ人のおじさんの隣で、実際に見に来ることができて本当によかったとしみじみ考えていました。

 

ひとしきり見学した後、楽しみにしていた厳島へ向かいます。おそらく人生初の路面電車に乗ってわくわくしたり。

こちらもおそらく人生初のフェリーに乗って「見えてきたー!」とわくわくしたり。(ただし当たり前ですが一人旅のためぼっち乗船)

 

 

ついに宮島上陸!

あ〜あかい!紅い!!念願が叶いました。

 

社殿を出て、今度は沖の鳥居の方へ海沿いを歩いていると…

鹿に食われる。

 

宮島の鹿は奈良の鹿よりもさらに人懐っこく感じました。餌とか持ってないのにすごい寄ってくる(笑)

しかもこの鹿いいアングルでこっちを向いてくれる。よくわかってらっしゃいます。

 

 

そして鳥居どーん!

天気に恵まれて幸せでした。

 

 

その後は島を軽く散策しようと再び海沿いを歩きました。すると可愛い足跡が。

神様の宿る島は色々な動物たちがのびのび共存するのどかな場所でした。

 

 

広島駅から出る夜行バスに乗って今度は大阪へ。

…連日夜行バスでお風呂とか洗濯とかどうしてるの?とお気づきの方もいらっしゃるかもしれませんが、ネカフェです。貧乏旅ですから。書いてないですが数回お世話になりました。洗濯機とかシャワーついてるところ調べて行くんです。以上、リアルな話でした。

 

 

ということで次回は大阪・奈良。また鹿さんと遊びます!

 

 

(文・煙山佳奈)