おなかの中からグローバル!イスラエル料理編

「食」からはじまる異文化体験!今回は都内に数軒しかないイスラエル料理レストランをレポート。

こんにちは、突然ですがあなたは「イスラエル料理」がどんなものかご存知ですか?今回は都内でも珍しいイスラエル料理屋さんをレポートします!

参照:wikipedia(画像リンク)
参照:wikipedia(画像リンク)

キリスト教、イスラーム教、ユダヤ教の聖地であり、歴史的にも文化的にも非常に重要な都市エルサレムを抱えるイスラエル。ただでさえ距離が遠く親近感を抱きにくい上に現在に至るまで争いが絶えず、必ずしも好意的なイメージばかりではないイスラエルですが、その地が何千年もの歴史の中で育んだ素晴らしい文化にふれることで少しでも興味をもって頂ければ幸いです。

 

 

今回紹介するのは、江古田駅から徒歩1分のイスラエル料理屋「シャマイム」です。

シャマイムとはヘブライ語で大空を意味します。創世記1章6節の、”神はまた言われた、「水の間におおぞらがあって、水と水とを分けよ」。” にも出てくる、ヘブライ語において特別な意味をもつ言葉です。

 

 

さっそく中に入るとエスニック料理屋さんらしく、かつ空をイメージさせるような内装で、早くもたくさんの人で賑わっていました。夜に行く場合は予約をしておくと良いかもしれません。本棚はヘブライ語の本や日本のガイドブックなどで溢れています。

私と今回連れて行って下さった先輩は春学期にヘブライ語を履修していたため、ほぼ読めないながらも興味津々。日本語の本も、このお店が紹介されているレストランガイドなど面白いものがたくさんありました。

 

メニューはこのお店の目玉である食べ放題(シャマイムの料理をほぼ全て食べられ、おかわり自由。税込2400円)の他にボリューム満点で種類も豊富なセット、単品メニューもたくさんあります。お店のホームページから全て見ることができます。

 

 

私は迷った末にアイスのミントティーとシャクシューカのセットを注文。ライスかピタパンかを選べたのでピタパンにしました。

お店のメニューにはシャクシューカ(イスラエル風トマトオムレツ)と書いてありましたが、オムレツというよりはトマトソースに卵を割り落とした料理で、見た目以上のボリューム。イスラエルでは朝食としてよく食べられているそうです。

イスラエルサラダとフライドポテト、テヒナというゴマのペーストがついてきてかなり満足できる量でした。

 

今回は中東らしくミントティーにしましたが、イスラエルワインや各種カクテル、ジュース等もあるので色々試してみたいところ。

 

 

交通の便も良く、比較的お手頃な価格のシャマイム。日常生活でほとんど接点が無いと言ってもよいイスラエルですが、料理という楽しく手軽なきっかけから かの地の美しい風景や文化・歴史に思いを馳せたり、時事問題についてちょっと考えてみるのはいかがでしょうか?きっと世界が それまでとは少しだけ違って見えてくるはずです。

 

 

(文・煙山佳奈)