意外なあの国!シリア編

紛争、難民、ISIS…これらの言葉はたしかに現在のシリアのある一面を映し出す。しかしそれは、全てではない。助け合い、笑いあって暮らす人々の営みにスポットを当て、同国からの留学生に話を聞いた。

北にトルコ、南にヨルダン、西にレバノン、南東にイラクと国境を接する国、シリア。海と山、 砂漠と小さな島を持つ同国の名は、近頃ニュースでよく耳にするようになった。シリアというと、 皆さんはどんなイメージを持つだろう。紛争、難民、ISIS...あまり良いイメージの言葉は浮かんでこないかも しれない。しかし、ほんとうにそれだけなのだろうか?

 

今回はシリアからの留学生 Meriamさんに、同国の気候や食文化、そこに暮らす人々や生活のあ り方について話してもらった。

 

【シリアの気候】

ひとくちにシリアといっても都市部なのか、海辺なのか、山岳地帯なのか、砂漠地帯なのかによっ てその気候はさまざまだ。Meriamさんが暮らしていた首都ダマスカスは、緯度が東京と大体同じ であるために季節や気候は東京によく似ている。夏は40度近くまで気温が上がることもあるが、 湿気がなく乾燥しているので日陰にいれば比較的過ごしやすい。雨は多くなく、水は貴重だ。「シ リアには梅雨がないから、今の時期の東京はじめじめしていて疲れてしまう」とため息をつく。

 

【シリアの宗教】

国民の90%はイスラーム教徒だが、キリスト教徒はもちろん、無宗教の人もいる。また、イスラー ム教徒のなかでも信仰の度合いは人それぞれで、とくに若者の間では宗教をそれほど大切なもの と捉えていない人も多い。女性が肌を覆い隠すためのヒジャブは着用が義務付けられているわけではなく、だいたい中学生になる頃、着けるか着けないかを家族や友人たちと相談しながら自分 で決めるという。着用しないと決める人もいるため、肌を露出することは基本的に問題にはなら ない。ショートパンツなどはあまり一般的ではないが、外国人が着ているぶんにはとくべつ問題 視されないそうだ。

 

日本では女性の多くがトレンドに気を遣い、おしゃれを楽しむ傾向にあるが、それはシリアにお いても同じこと。ヒジャブを着用すると決めた女性にとって、その巻き方は一大おしゃれポイントだ。素材や色、柄、巻き方に至るまでその種類はじつにさまざまで、女性たちは毎朝時間をか けて髪をセットし、入念に選んだヒジャブを着用する。プラスチックの芯のようなものを入れて まるで帽子のように形を変えてみたり、瞳の色とあわせた色を選んでみたり、洋服とのバランスを 考えてコーディネートしてみたり...。流行りの色や形もあるため、ファッション誌のチェックは欠 かせない。

 

【シリアの学校生活】

学校は、日本の公立校と同じように週休2日制。ただし休みになるのは金曜日と土曜日だ。金曜日 の朝にはお祈りをし、家族でそろって朝ごはんを食べる。日本では「花金」などと呼ばれ、もっ ぱら金曜日が好かれ日曜日が嫌われる傾向にあるのに対し、シリアでは木曜日がもてはやされる。 木曜の夜は友人たちと街にくりだし、遅くまで飲んだり食べたり喋ったりとめいっぱい楽しむのだ。

 

また、部活やサークルといったものは基本的に存在しない。学費は高校までは無料、国立なら大学もきわめて安い。Meriamさんが通っていたダマスカス大学は年間1,000円ほどだったという。 そのぶん国立は生徒数が多いため、競争も激しい。大学院まで進んだり、奨学金を獲得できたり するのはほんの一握りの優秀な生徒だけだという。

 

【シリアの食事】

1日のなかで最も豪華なのは昼食だ。朝と夜は基本的にお米は食べず、パンやチーズなどで軽くす ませる。主食は米だが、白米はあまり好まれない。たいていは具と一緒に炒めてピラフにするか、 麺をいれて炒めるかのどちらかだ。「白米は日本でいうところのおかゆみたいな存在。病人食と いうイメージが強いかな」。Meriamさんのイチオシはラクダ肉のケパブ。脂が少ないラクダの肉 を羊の脂と一緒に調理することで、独特のうまみが引き出されるのだ。

 

果物や野菜は種類が豊富で、また値段も非常に安い。あまりに安いので、一般家庭でも基本的に はキロ単位で買う。スイカが12キロで100円以下だったこともあったという。キロ単位で買うこ とがふつうであるため、たとえばリンゴを1つだけ買うとなるとお店の人に笑われる。「1個くらいだったらタダで持って行っていいよ、あげるよ」なんて言われることもあるそうだ。

 

【シリアのひとびと】

一時的に落ち着いてはいるものの、国の情勢はいまだ不安定で、先行きは不透明。度重なる砲撃 により街は破壊され、経済も深刻なダメージを受けている。Meriamさんが通っていた大学に爆弾が落ちてきたこともあるという。

 

「でも、もう5年も続いているから。シリアの人たちにとっての爆弾は、日本人にとっての地震みたいなもの。その時は怖いし逃げ惑うけれど、落ち着いたあとはいつも通りに生活するわ」

 

 

 

 

2014年、ダマスカスに大きな遊園地が建設された。

 

2015年夏、シリア難民は400万人を超えた。

 

爆撃が落ち着けば、ひとびとはパーティーに出かけるし、クラブで踊り明かすこともある。

 

かつて観光地として栄えた古都アレッポは、数年におよぶ砲撃で変わり果てた。

 

シリアはいま、戦場だ。しかし同時に、生活の場でもある。毎日は営まれる。そこにはたしか

に、ひとびとの暮らしがある。

 

 

 

シリアの人はよく笑う。比較的戦火の及んでいない首都ダマスカスでも、いまは電気を24時間使いづづけることはできない。停電の間はろうそくを持ち出して、その明かりでトランプゲームをする。輪になってシーシャを吸い、歌い、笑う。

 

 

シリアの人はびっくりするほど優しい。道で泣きだしてしまうようなことがあれば、あっという 間に10人以上が集まってきて「どうしたの?」「何があったの?」と心配の声をかける。レスト ランで一人で食事をしようものなら「なぜひとりなの?」「悲しいことがあったのね、かわいそうに。お代はいらないわ」とすぐさま慰めてくれる。道に迷って途方に暮れている人がいれば、「うちに寄っていきなさいよ」とお茶を出してくれる。知らない人でも泊めてくれることさえある。

 

 

シリアがすき?と尋ねてみる。

 

「大好き。何もないけど、何もないのにあたたかいの。いつも楽しいの」

 

私たちにできることはなんだろうか。 

 

(文・三橋 咲)