けむりの日本一周旅行記

「世界を見る前に、まずは日本を見なくては」バックパッカーに初挑戦!2週間の弾丸日本一周一人旅の記録

みなさんこんにちは。このコーナーではその名の通り、私が今年の2月にした「2週間日本一周ひとり旅(札幌~山口)」の旅程やそこでの出会い、準備装備からかかった費用まで様々なことを紹介していこうと思います。固い文体がどうも苦手で軽い雰囲気の記事になってしまいますが、みなさんの旅の参考にしていただけたら幸いです。

 

さて、まずどうして日本一周なんてしようと思ったのか。動機はずばり「海外への関心は強いけれど、その前に日本のことを全然知らない」と気づいたから。個人的に幼いころからいわゆる伝統文化と呼ばれるものたちに親しんできたというのもあり、一般的な大学生よりは「日本」について多少知っているかもしれない。けれど生まれてから今までほとんど関東から出たことがなく、旅行好きとしてはまず日本から見なくてはと思ったのです。そうして以前から訪れてみたかった場所をリストアップした結果、「これはいっそいっぺんに行ってしまったほうがいいな」という結論に至り、日本を一周することにしました。

 

今回はサークルやアルバイト等の関係により、2週間で帰ってくるという時間の制約を先に設けたため、非常に残念ながら九州・四国へ行くことはできませんでした。行きたかった場所がたくさんあるので近いうちにリベンジしたいと思っています。

 

ここで今回の旅程をご紹介します。

1 2/7 実家を出発→日光→仙台

2 仙台市内→岩手県一関

3 平泉→弘前→青森→夜行列車

4 札幌→小樽→夜行列車

5 青森→山形→夜行バス

6 金沢→京都

7 京都

8 京都→神戸→夜行バス

9 萩→元乃隅稲成神社

10 防府→広島→夜行バス

11 大阪→奈良→伊勢

12 伊勢→名古屋

13 名古屋→(横浜)→江の島→藤沢

14 2/20鎌倉→実家に帰宅

 

お分かりかもしれませんが、かなりの弾丸旅行です。宿と呼べるところに泊まった日は半分もありません…(他はネットカフェ、電車やバスで移動しながら)

やはり日本は治安がいいってことです。

 

次に荷物ですが、今回私はバックパッカーに初挑戦しました。40Lのバックパック1つと小さなボディバッグを常に身につけて行動していました。季節は真冬、しかも北海道まで行く計画なので荷物は増えますが、体力もないので最小限に抑えるのが私にとって最重要事項です。普通のバックパッカーの場合は大きな荷物は宿に預けて…ということができますが、そもそも宿というものに縁のない弾丸旅ではそうもいかないのです。

 

衣類は約3日分、厚手の上着を常に着用し、それでも寒いときのためにユニクロのウルトラライトダウンを持っていきました(実際使ったのは東北ではなくまさかの山口県)。

それと一番便利だったのがスイムタオル。水泳で使う吸水性・速乾性に優れたタオルです。荷物の中のタオル類は30㎝四方くらいのスイムタオル一枚のみ。バスタオル不要です

逆に一番使わなかったものは念のため持って行った自撮り棒。これは人によるでしょう。。。

 

そして気になる費用について。今回の旅にかかった費用は総額20万円弱。これはこの旅のために新たに購入したバックパックや靴、そして移動費や宿泊費、食費等々すべて含んだ額です。日本はやはり宿泊費が高くつくので、可能な限り夜行列車や夜行バスで移動しながら寝ていました。

 

また今回私は事前に大まかな旅程を立て、全ての長距離移動手段を予約することで時間とお金を節約しました。少なくとも国内の場合夜行バスには予約必須のものも多いので、立ち往生しないためにも事前の計画が重要です。ホステルを探すのに重宝したサイトはhostelworld.comAgoda.com。1泊1500円で泊まれる京都の宿には大変お世話になりました。今後も定宿として利用したいと思っています。ご参考までに。

 

国内とはいえ初めてのひとり旅、途中で破産して強制帰宅、というのを恐れて特に食費を徹底的に切り詰めるサバイバル生活を送っていましたが、それについてはまた後ほど。

 

いよいよ次回、出発です!旅先で見た素晴らしい景色や豊富なハプニング、様々な出会いをお伝えしていきたいと思います!!

バックパックとボディーバッグとブーツ。これを身につけると…

わかりにくいですがこんな感じです。(札幌駅にて撮影)

 

(文・煙山 佳奈)